アーカイブ

Archive for the ‘絵’ Category

青森ちょこっとだけ行ってきたよの一日目の巻

忘れた頃にやってくる、そう私です。こんにちは☆(ゝω・)v
超かいつまんで。

つい先日(とは言いながらも半月前)青森に行ってきました。
青森県立美術館とか十和田市現代美術館とか三内丸山遺跡とか恐山とか行こうかなと。

そんなこんなで新宿駅を出発したのだ…。

青森着。ちょうどバスが着ていたので早速乗って青森県立美術館へ。
バスに揺られ数十分


ほう…流石フォント統一されてる…ん…?あれ…?
見なかったことに。

入ってすぐにエレベーターで地下に降りる。
真っ白で無機質かつミニマルなエレベーター内部はまるで宇宙船。
そして心の準備をさせる。

内部空間は不思議なものだった。スケール感が揺さぶられる。
天井が急に高くなったり、部屋と部屋の繋がりに遊びがあったり、小さい高低差がある移動もあった。
壁の素材も土を削ったような壁(隣接する三内丸山遺跡のトレンチを意識しているらしい)と白い平らな壁を組み合わせていてコントラストが美しかった。



狭い空間から広い空間へ移ったときの巨大な絵画は圧倒された。

しかし奈良美智のあおもり犬をガラス越しで生で見るための動線が酷い。
ものすごい分かりづらい場所にあるスタッフ専用道みたいのを10分程歩くことになる。もちろん細かい配慮がある道ではなく、所々錆のある階段を昇り降りする。
調べると、あの道は後付けだったようで。
なるほど…。

雪が積もっているときに来てみたい。

そして三内丸山遺跡へ。


夕方だからか人が少ない。
節電中のためか消灯された展示室内は薄暗くて寂れているかのように感じる。

釣り針の素材は違えど、形状が現代のと差が殆ど無くて、今も昔も同じところは同じなんだと思い、不思議。
生活や住宅や村ってなんだろうね。
住居が数メートル感覚で建つのはまさに集落だ。
集落のなかに(様々な見解はあるが)異質な塔があるのも面白い。

現代の住宅の全ては集落に通づる。
住むんだから当たり前の様に思えるが、数千年前の住宅と類似したものがあると思うと…。

一日目おしまい。

広告
カテゴリー:アート, , 建築

Ken Ishii ‘Extra’

カテゴリー:, 音楽

現代性と浮遊感

現代、生きていると時折覚える虚無感・違和感。
アイデンティティの喪失とか言うんだろうか。どこか均一化されてしまっている自分、操られている自分がふと急に見えてしまうのだ。
それを自分は浮遊しているように感じる。

動画サイトを探してみると、浮遊感の強い曲が多いことに気づく。
そこで今回はお気に入りの数曲を紹介する。

長いよ! 続きを読む…

カテゴリー:, 音楽