ホーム > 建築 > 超高セキュリティ建築への皮肉として

超高セキュリティ建築への皮肉として

Imposing Concrete Residence in Warsaw: Safe House

イメージしていた皮肉建築に近い作品。
超高セキュリティの建築物は病的で、それは人を守ると同時に閉じ​込めることでもある。
しかしこの建築は開閉が自由に出来る。しかし、ここで生活をす​る人は閉じることが無いだろう。それはとても強いメッセージ性をもった建築物となる。
外部のシャッターを閉じた状態にして映像を映す事も可能だそう​だ。人が外にいる状態で、建築物を閉鎖する。美しい。

広告
カテゴリー:建築
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。