Archive

Archive for 2011年5月

午後の恐竜

午後の恐竜

星新一のショートショート『午後の恐竜』が映像化された作品。(NHKはやれば出来る子!)
この作品は今年行われた文化庁メディアでも賞を取っていましたよ!なぜかおまけみたいな賞だったけれど!!

個人的な感想を言うと、ひどく美しい。ツボ!
燃え尽きる直前が最も美しいってのはよくある話だけれども、そんな事を気にさせないスケールの大きい原作。そして素晴らしい演出。

美術・色彩・音楽もどれもこの作品に妙に合っていて心地良い。

興味を持ったなら「星新一 ショートショート DVD-BOX」を買っちゃうべきだと思います!一万円近くするけど!!
星新一映像化作品はいいものが多いので本当おすすめです。

カテゴリー:アート, 映像

NewAir

以前から気になっていたテレビ朝日のロゴ映像をYoutubeで発見したので紹介する。

テレビ朝日 地上デジタル放送「オープニング/クロージング」

レイ・ハラカミたんの音えろいよー!

これだけ紹介して終わるのもなんなので他に見つけた面白い映像も紹介する。

Pico

これを見て思い出したのがこれ。

Giant Steps

縦方向の構成。ベクター的立体表現。

映像が音楽を強く意識した作品も2点。

Autechre – Gantz Graf

Squarepusher – My Red Hot Car

カテゴリー:アート, 音楽, 映像

Green Night Parade PV

なんだこれー!おもすれー!

vimeo

動きがとても面白いんだけれども、途中一時停止しても一枚絵として魅せられている。

koinu composition って誰だろう?と思い、いろんな作品を見てみた。

vimeo
vimeo

すげーなーどれも魅せ方良いなー! …!?なんか今見覚えのある映像が…

imageplotの人じゃん!

当時はこの作品が有名でした。数年前見た時もすごいと思ったけど相変わらず魅せ方素敵ですね

nicovideo

カテゴリー:アート, 映像

直ちに健康に影響は

忌野清志郎
SUMMER TIME BLUES

カテゴリー:音楽

Consoul

Lasse GjertsenのConsoulという作品がとても面白い。

様々な見方が出来る作品であり、かつ上手い演出である。とても引き込まれる。

Lasse Gjertsenは他にも有名な作品を多く発表していて、どれも中心となるのは音楽と映像効果である。
今回は特に有名な2作品を紹介する。

彼のユーモアセンスは飛び抜けていて、観る者を飽きさせることがない。
衣装に注目すると、Amateurではドラムを演奏する方がピアニストの格好、ピアノを演奏する方がドラマーの格好になっている。
そういった細かな演出が彼の作品をさらに魅力的にしている。
ぱっと見るとどこかが抜けているが、常に真面目なのだ。

今やDTMで簡単に表現できることを、あえて撮影して編集して表現する。どこか皮肉的ではないだろうか。

同じくConsoulでは人生をゲームというとてもフラットなもので表現している。ゲームと人生の関係といえば、過去に「ゲーム脳の人は、人生はリセット出来ると思っている。」と騒がれて話題になった。
それをあえて肯定的に捉えて、「人生をリセットする」ストーリーを作った。しかし主人公は二度目の人生で長生きしようとはしなかった。

様々な解釈が出来る作品である。そして私はそういった作品が好きだ。うんこ。

カテゴリー:アート, 音楽, 映像

evian baby inside

この広告面白い。

若々しさの表現にありがちな「美しさ」で表すのではなく、そのまま「赤ちゃん」で表している。

Evianは赤ちゃんを用いたCMをいくつかだしているけれど(そっちも面白い)、



結構お金かかっているんだろうなぁ…ww

これと比べてみるとわかりやすいけど、Tシャツの方は難しいことは一切していない。面倒なことはしているけど。

それに赤ちゃんだけを単純に表現にするのではなくて、個人の中の赤ちゃんをシンプルに表現している良い広告。

カテゴリー:広告, 映像